自動車学校の裏話を元教官が教えます

自動車学校教官は公務員?

公安委員会に指定を受けている自動車教習所の立場は微妙です。

 

自動車教習所の教習指導員は公務員だと思われている事が結構多いものです。

 

しかし実際は一企業が運営する民間の教育施設なのです。従って、教習指導員は公務員ではありません。

 

指定自動車教習所は「安全で良識ある初心運転者の育成」という社会的な使命を持っています。

 

自動車教習所は民間企業としての側面と社会的使命の強い、教育機関としての両面を併せ持っています。

 

サービス業として捉えると、教習生をお客様として扱い失礼のないように教習しなければなりません。

 

 

しかし、社会的な使命を考えると時には厳しく指導を行う必要もあるのです。

 

自動車教習所の指導員は、教習する方達をお客様としても、教習生としても接する事が必要です。

 

自動車学校の教官は公務員ではないので、企業としての利益を考慮しながら職務にあたることが求められます。

 

教官が公務員であれば、「安全で良識ある初心運転者の育成」という使命に向かい教習を行なうことができますが、企業人としての一面も持つため教習生の方をお客様として認識し指導することが重要になってきます。

 

そのため自動車学校の教官は高度な人間性と指導技術を身につけなければならないのです。

 

 

でも、実際はどうでしょうか?

 

ネット上でも一部の教習所でも教習所の教官に対しては未だに多くの苦情が存在するのが現状です。

 

これらの苦情の理由として、元教官としての経験から感じることは、教習指導員がプロとして徹していないことが第一だと考えます。

 

基本的には自動車の運転を全く知らない方々が高額な料金を支払い教習所に運転を習いに来ているのですから教習は親切・丁寧でなければなりないのですが、現実には免許を取る過程において一部の方が不満を持っています。

 

このような残念な結果になっているのは、教習指導員の中には指導者としての自覚が不足し勘違いしている者がいるからです。

 

私が勤めていた自動車学校にもそのような教官は一部ですが存在していました。

 

  • 教習生の方がどの様な気持ちで教習を受けているか想像していない教官
  • 運転を教えてやっていると勘違いしている教官
  • 教習が上手くいかない理由を教習生の方のせいにする愚かな教官
  • 性別、年齢などで教習態度が変わる哀れな教官
  • 自分の感情をコントロールできない子供じみた教官

 

理想とかけ離れた教官がいたのは確かです。

 

そして、当時から多くの時間が経過し、違った場所においても考えられない指導員がほんの僅かではありますが、存在するのが現状なのです。

 

この記事に興味を持って下さった、あなたや知りあいの方が自動車学校の教官の指導法についてお悩みであれば、その僅かな確率の中に陥ってしまったことになります。

 

でも、思い悩んだりましてや免許を取得するのを諦めるなど考えてはいけません。

 

自動車学校にしっかり気持ちを伝えあなたに合った指導員を指名して楽しく運転免許取得に臨んでくださいね。

 

これから免許を取得しようと考えている方はコチラ

 

評判の悪い指導員の真の姿とは?

「○○先生は怖いから大嫌い!」

 

「△△教官は教えるのが下手だから・・」

 

「××指導員はエッチだから恐い」

 

私が勤めていた当時の自動車学校では、そんな声を直接教習生の方から幾度か伺いました。

 

大別すると現在でいうところのセクハラ、パワハラで悩む教習生から話を聴き、私自身も研修中後部座席で教習見学をしていて目の当たりにしたことも。

 

このような教習生から評判の悪い指導員の教習外の姿とは一体どんな感じなのでしょうか?

 

当然ですが、一人一人の人相、立ち居振る舞い、性格も違いますし殆ど職場だけの様子でしかありませんが、そこには同じ指導員でしか知ることが出来ない彼らの姿があったのです。

 

恐いと恐れられている先生の真の姿

 

先ず、教習生の多くの方が、「あの先生は、絶対その筋の人と繋がっているよね」と囁かれている○○先生について。

 

確かに、私も初めて○○先生に会った時は「大変なところに就職してしまった!」と息をのんだ覚えがあります。

 

しかし、まだ指導員になるため入社し緊張しぱなっしの私をみて最初に話しかけてくれたのが○○先生でした。

 

数年前に自分自身が免許を取得するとき教習してくれた先生も多くいる中で緊張しまくりの私に対し優しく声をかけてくださいました。

 

「指導員になるまで勉強が大変だけど頑張ってね!」

 

思いっきり優しい言葉をかけていただきました。

 

しかし、パンチパーマに現在でいうカラーコントロールレンズの45度眼鏡がお似合いの○○先生の優しさは今でこそ笑えますが、当時は大の大人が凍り付いてしまうほど不気味でした。

 

スポンサードリンク

 

 

「何か企んでいるんじゃないのか?」

 

そんな、とんでもない考えがよぎったのを鮮明に覚えています。

 

でも、そんな思いは大きな間違いであった事は○○先生と接するうちに気づいたのでした。

 

容姿とは真逆の○○先生の優しい心遣いで孤独な私がどれだけ救われたか・・・。

 

言葉では言い表せないほどお世話を頂いたのです。

 

そんな○○先生に対しあるとき、受け持ちフリー教習生の方が言った言葉にショックを受けました。

 

「30号車の○○先生は怖かった!二度と当たらないようにしたいのですが・・。」

 

そのような相談を受けてしまったのです。

 

私は咄嗟に「そんな筈はないよ。あなたの思い違いでは?」という言葉を飲み込んでその方の話を聴き流してしまいました。

 

その話を聴く前に○○先生にたいしては、教習生の方から「見た目は怖い」という事を伺ったことはありましたが、「実はそうでもなかったので安心した」というものでした。

 

でも、その教習生の方は教習時間の50分間ずっと怖かったそうです。

 

こうなった原因を厳しく捉えると○○先生の容姿が与えた影響は少なくなく、そうならない自覚が不足していたと思えます。

 

先ほど申しあげたように自動車学校の教官はサービス業としての一面を持ち合わせいるからです。

 

その教習生の方にはいう事が出来ませんでしたが、「○○先生はホントは優しい先生です。」と伝えたかったのが本音です。

 

性別や年齢で言動が違う教官の姿とは?

 

次にご紹介するのは、性別や年齢により教習方法が全く違う指導員、△△教官の真の姿と末路をお話しします。

 

因みにこの△△教官教官は検定員でもあったのですが・・・。

 

この△△教官に対しては私が指導員になるため勉強している際から教習見学を数回させてもらいました。

 

それは、△△教官が技能検定を実施できる検定員だったからです。

 

初めてその検定員の教習を見学させてもらった私は、当時学習していた教習方法と実際に行われている教習とのギャップに驚愕し失望しました。

 

その時間の教習生は40代の女性だったのですが、私が教習の勉強をするため見学をお願いすると怯えたように返事をしてくれました。

 

私は何故、その方が私に対してそのような感じで受け答えをしたのか?

 

その答えは教習が始まって3分も経過していない時点で分かってしまいました。

 

その女性は技能教習の7時限目くらいでしたが、自動車の運転は当然不慣れな感じでした。

 

ですが、乗車する前の安全確認からドアロック更に乗車姿勢を小声で指先確認をしながら丁寧に行っていました。

 

しかし、その女性はルームミラーの調節を忘れエンジンを始動し、目視による丁寧な安全確認で発進しようとしました。

 

その時、驚愕の事態が発生してしまいました。

 

スポンサードリンク

 

 

車が動き出した途端、補助ブレーキ(教習車の助手席に特別に設置している緊急ブレーキ)で急停止したのです。

 

それは、後部座席から見ていて悪意を感じるほど強烈なブレーキだったのです。

 

後部座席の私はシートベルトのおかげで助かったものの一瞬何が起こったか分かりませんでした。

 

ところが教習生の女性は、ご自分何か失敗をしたのだと反射的に察し「すいません」と平謝りしたのでした。

 

それで私はようやく現実に気づき愕然としました。

 

そうです。△△教官は彼女がルームミラーの調整を忘れていたため補助ブレーキで発進を妨げたのです。

 

では何故△△教官はこのような行動をとったのか?

 

それは、教習方法の中に印象付ける方法が明記され効果的だと言われていたからです。

 

人の記憶は印象に残ると長期記憶として忘れないという考えから当時はこのような方法がよく用いられました。

 

ですが私はこの女性教習生の方の怯えようを観ていて「このような方法は教習ではない!」と肯定できませんでした。

 

それでも当時の私には△△教官に「行き過ぎでは?」と反論する勇気はなく女性教習生に申し訳なく自分自身に惨めな想いが残るだけでした。

 

その後の△△教官の行う指導は続きましたが、その指導方法はアドバイスとはかけ離れた感情的で冷酷な罵倒の連続でした。

 

△△教官の教習は女性教習生の方が自分が伝えた運転が出来ないことに苛立ち罵倒しているだけだと感じ「私は絶対にこんな教習はしたくないし、してはいけない!」と心に誓いました。

 

そんな苦い経験をした私はそののち衝撃的な場面を目撃することになりました。

 

それは、教習見学の後半を迎えたある日、再び△△教官の教習見学でのことでした。

 

その日の△△教官の教習生は20代の女性でした。

 

この日の△△教官の教習は前回の女性と全く対照的な内容でした。

 

相変わらず嫌味な言い回しのアドバイスではあったのですが、表情には笑みが見え前回の見学で見せた数回にもわたる補助ブレーキは一度もなかったのです。

 

△△教官の教習と毎回どの教習生に対してもこの日の若い女性に対する言動であったなら学ぶべき点は多かったのですが、前回の教習を観ていた私は△△教官の教習が何を目的に前回と違っているかを想像するだけで気分が悪くなってきたのです。

 

私はその後指導員となることができたのですが、人間的に尊敬できない△△教官とは馴染めず彼もそれを察してか私の事は眼中にないといった態度でした。

 

そんな△△教官にある日信じられない事態が発生しました。

 

△△教官が教習生の人妻と不倫した結果、その人妻の旦那さんが学校に怒鳴り込んできたのです。

 

噂によると慰謝料を支払うことで和解したそうですが△△教官はその事件後勤務に就くことはなく退社してしまいました。

 

運転免許取得費用は学校で差があります!

運転免許は国家資格の1つです。

 

道路交通法第64条では公安委員会の運転免許を受けないで運転してはいけないと定めています。

 

公安委員会が行う運転免許試験に合格しなければ運転免許は取得できないということです。

 

しかし、公安委員会が指定する自動車学校を卒業すれば最大の難関である実技試験が免除されます。

 

このような背景から自動車の運転免許取得費用も一律だと思われている傾向が未だにあるようです。

 

自動車学校は民間の企業が経営するのが殆どで教習料金は自動車学校で差異があります。

 

日本全国共通で通用する運転免許証の取得金額には考えられないほどの差があるのです。

 

普通自動車の免許取得で10万円以上もの差があるのが現状です。

 

このように大きな金額差が発生するのには

  • 免許を取得する時期(忙しい時期と暇な時期)
  • 自動車学校の経営理念の違い(企業努力)
  • 自動車学校の立地場所(地域差)
  • 取得する方の年齢差(プランの違い)

等の理由があります。

 

これらの金額差が発生する理由から格安で運転免許を取得する方法が見えてきます。

 

最も格安で運転免許を取得するのは

 

 

が大切なこととなります。

 

また、運転免許は格安だけでなく
安心して楽しく取得したいものです。

 

そのためには、自動車学校紹介サイトを利用して賢い自動車学校選びが重要となります。

 

教習費用の上手な分割払い

自動車学校で運転免許を取得する費用を
一括で支払うことが難しい場合分割で支払うことが可能です。

 

この場合、入学時に学校側で用意されている場合もありますがご自分のカードを使用出来ることもあります。

 

分割払いの場合気を付けたいのは、金利や支払い回数などにより支払いに大きな差が発生することです。

 

なので、費用を分割で支払う場合は予めカードを作成しておくと使い分けができ損しません。

 

学校側で用意された分割方法とご自分のカードでの支払いとを比較し金利や支払い回数を比較検討して決定します。

 

大学生でも作成可能な楽天カードは
テレビCMでもお馴染みのように大きなポイントがついてきます。

 

免許取得後のETCにも利用できるので作っておいて損はありません。

 

楽天カード発行はコチラ

 

自動車教習所の指導員になるには普通免許を持っていれば大丈夫!

自動車教習所の指導員になるためには特別な免許が必要だと思われているようです。

 

しかし、実際は21歳以上で教習する車種の運転免許を持っていれば大丈夫なのです。

 

普通自動車の教習指導員になるためには、第1種普通免許を持っていれば良いのです。

 

通常、自動車教習所の指導員になるためには、自動車教習所に雇用される事から始まります。

 

雇用された自動車教習所で公安委員会の行う審査を受審するための事前教養や養成講座を受けます。

 

公安委員会の行う審査は、

  • 道路交通法
  • 教習所関係法令
  • 教育知識
  • 交通の教則
  • 安全運転の知識
  • 自動車の構造等の科目
  • 運転技能審査

などがあり、非常に難しい内容です。半年間はみっちり勉強しなければなりません。

 

人の命を左右する重要な資格なので厳しい審査は当然だと言えます。

 

スポンサードリンク

 

指導員を選びましょう!

自動車教習所の教習料金は高額です。
1時限の教習は貴重なものです。

 

従って教習の中身は濃いものでなければなりません。

 

本来、教習の中身に違いがあってはいけません。しかし、現実は指導員によって違いがあります。

 

教え方が上手な指導員と下手な指導員が存在します。

 

それから、教習生も指導員も人間なので相性というものが影響します。

 

同じような教え方をしても受け入れる人と受け入れ難い人がいます。

 

そこで、大事なのが指導員が合わないと感じた時は早めに相談することです。

 

相談は事務所の相談窓口などで行ってくれます。

 

不安や不満を抱えたままで教習を受けても上達するスピードは鈍るものです。

 

指導員は教習成果を左右する重要なポイントですので、早めの対応で損しないようにしましょう。

 

怒ってばかりの指導員に対する対応

運転免許を取得する際に最も多い不満は指導員の指導態度によるものです。

 

最近は教習指導員の接遇も良くなったと思いきやそうでもないようです。

 

そもそも、教習生に対して感情を表情にだし怒る指導員は教習生の失敗に対し感情的になります。

 

自分がこれだけ言ってもできないのは何故?だと言わんばかりに激怒するのです。

 

教習生が心悩みながらも一生懸命やっていることは一切認めません。

 

ところが、良い指導員は先ず良いところを褒めてくれます。

 

良いところを褒めてくれるので、良いことと悪いことが理解でき運転に自信がついてくるのを知っているからです。

 

逆に怒られていてばかりでは、何が良くて何が悪いのかが把握できないのです。

 

指導員は。指導員審査を受ける際に、指導要領で褒める教習の重要性は学んでいます。

 

褒める教習の重要性も効果も知っているのにできないということは明らかに怠慢か能力不足という事になります。

 

ですから、怒ってばかりの指導員は苦情を言って代えてもらうと良いのです。

 

各指定自動車教習所には相談窓口があるはずなので怒ってばかりの指導員は受け持ちから外してもらいましょう。

 

スポンサードリンク

意外と多い間違った教習

過去に自動車教習所で教習を行って来た私はいろんな指導員の指導も見てきました。

 

そんな中で「これは違うだろう!」と明らかにいえる指導方法もありました。

 

例えば、カーブの走行でどうしても中央線によってしまう教習生がいた場合の指導です。

 

「車が中央線に寄りすぎているから、もっと良く中央線をにてご覧!」という助言です。貴方は、このアドバイスをどう感じますか?

 

全く間違いとは言えませんが、この助言通りに中央線を見つめても修正は難しいでしょう。

 

自動車の運転でも自転車の運転でも同じですが運転者が1つのモノを見つめると、そこへ寄って行くのです。

 

人間の習性として左を見れば左に右を見れば右に寄って行くのです。

 

ですので、「中央線をしっかり見ろ!」では上手くいかないのは当然です。

 

左側車線の全体を見て通行する経路を描く事が必要です。

 

運転席から見るカーブは走行する幅が狭く見えます。

 

でも実際は広いことを知る事で中央線ばかり見つめることが減ります。

 

「中央線をしっかり見ないから上手くいかない」という指導員も実際に自分が運転するときは、中央線だけを見つめていません。

 

道路全体を見ながら通行する経路をイメージしています。

 

教習所ではこのような伝え方の間違いが結構多くあるのです。

 

どうしても、運転が上手くできない場合は原因を調べ直してみることも必要です。

 

指導員に疑問を感じた場合は他の指導員の教習を見学してみるのもオススメです。

 

自動車学校は補習料金で儲けるの?

自動車学校の控え室などで教習生の話題となっているのが「1時間ウン千円する補修料金で学校がかなり儲けている?」という噂。

 

「1時間ウン千円だから10時間でウン万円だよ!」確かに教習生の立場としては高額な費用ですよね。

 

補修費用が多ければ学校も儲かる?と感じても仕方の無いことです。

 

実際のところはどうなのでしょうか?補修費用で学校は儲けているのでしょうか?

 

ここは冷静に計算してみましょう!

 

多くの自動車学校の補修料金を平均すると普通自動車で4,800円でした。

 

高めに見て5,000円くらいが補習料金の相場と言えそうです。正直、数十年前と比較し大きく変わっていないので驚きました。

 

さて、補修料金5,000円に対し

  • 教習時間はMT車で60時間
  • 教習費用はMT車、32万円

という条件で計算すると5,333円となります。

 

実技教習の補習は計画的に実施することが難しく事務や指導員の確保に手間ひまがかかるものです。

 

こうしたことを考慮すると1時間あたり5,000円という
補習料金は自動車学校にすれば損はしないが儲けもない金額と言えそうです。

 

その証拠に自動車学校ではあまりにも補習が多い指導員は教習方法に問題があると思われる傾向にあります。

 

その理由として、○○自動車学校は

  • 免許取るまでに時間がかかる!
  • 補習料金で儲けている!
  • お金が多く必要

等の悪い噂が広がってしまうからです。

 

自動車学校はこのような悪い噂ではなく逆に

  • 安い料金で
  • 早い時間で
  • 安全なドライバーの育成

という良い噂を渇望しています。

 

こうした事情から自動車学校が補習料金で儲けようとする事はありえないのです。

 

ハッキリ言って学校により費用に差があります!

全国に存在する指定自動車学校は
立地する環境ににより大きな違いがあります。

 

  • 自動車学校の存在する地域の物価
  • 交通量
  • ライバル校の多さ
  • 免許取得対象者の数
  • 高校や大学の数
  • 学校までの交通の利便性

 

などにバラつきがあるものです。

 

そのため、同じ指定自動車学校で、同じ国家資格である運転免許を取得するのにも金額差が発生してしまうのです。

 

例えばライバル校が殆どいない自動車学校は比較的高い料金でも教習生が集まるものです。

 

しかし、ライバル校が多い自動車学校は他校と比較して安い料金でなければ教習生が集まりにくくなってしまうのです。

 

また、運転免許を取得しようとする方が少なければ料金を下げて教習生の獲得に乗り出すことを要求されます。

 

需要と供給の関係で教習料金に違いが発生してしまうんです。

 

料金が違っても取得する免許は同じです。少しでも安い金額で免許を取得したいものです。

 

これから運転免許を取得しようと思うあなたはいろいろな自動車学校を比較して選ぶと損をしなくて済みます。

 

2週間〜3週間のまとまった休日が取れる場合はさらに損せずに運転免許が取得できる合宿免許がお得です。

 

スポンサードリンク

教習所の教官が好きになってしまいました!

 

自動車学校に通っていて教官を好きになってしまう事って意外と多いことです。
私が自動車学校で教官をしている時は、大変ありがたいことですが、数名の方から告白されたことがありました。

 

私に告白をしてくれた方の大半は女子高生(JK)でした。

 

しかし、私は既に結婚していたので物凄く残念で名残惜しかったのですが、お付き合いをすることはありませんでした。

 

しかし、私と同期で入社した他の教官は結婚して子供もいるにも関わらず教習生の方と密かに会っている者もいました。他の先輩指導員にもいわゆる「癖の悪い」人はいたようです。(大半は真面目な指導員ですが)

 

このように自動車学校の教官をしていると教習生の方と恋愛関係に陥ってしまう機会が多いことは否定できません。

 

スポンサーリンク

 

 

だから、「教習所の教官を好きになってしまった!」というあなたの気持は結構多くの方が経験していることだといえます。

 

自動車学校の教官を好きになってしまったらどうするの?

あなたが、自動車学校の教官を好きになってしまったことが悪いことだと思わないでください。
人を好きになることはとても重要で貴重なことです。

 

人を好きになることが出来ないことほど悲しく悲惨な人生はないでしょう。

 

だから、自動車学校の教官を好きになっても悪いことだと感じ自分を責めないでください。

 

問題は教官の事を好きになった後の行動です。

 

教官の事を好きになったとき、先ず調べて欲しいのはその教官が結婚していないか?あるいはお付き合いをしている方がいないか?という事です。

 

教官にお相手がいた場合

もし、調べた結果結婚していたりお付き合いしている方がいた場合は潔く告白はやめておきましょう。

 

月並みの言い方ですが、あなたが教官に好意を抱いているのなら教官が不幸になることを望んでいますか?もちろん、教官に幸せになって欲しいと願っているはずです。

 

そして、あなたは心の底から幸せになりたいと思っていますか?当然幸せになりたいと思っているはずです。不倫関係になっても幸せになることはありません。ですから、教官が既婚であったりお付き合いしている方がいれば潔く諦めることがあなたの幸せに繋がるのです。

 

教官にお相手がいない場合

好きになった教官に奥さんや付き合ってる方がいなかった場合はその先に進んでも問題はありませんが、慌てて告白するのは待ってください。

 

それは、何故かというとあなたの教習が残っている場合は、教習自体に問題が発生する可能性があるからです。

 

もし、あなたが好きになった教官に告白するのであれば、無事卒業検定に合格する日まで待っておくのが賢明です。

 

教官に告白することは悪い事ではないので正々堂々思い切ってあなたの気持を伝えて良いのではないでしょうか。

 

こんな教官もいるので知っておいてください!

自動車学校の教官を好きになってしまった時、どうすれば良いのか?

  • 好きになることはいけない事ではないので自分を責めない
  • 教官に奥さんやお付き合いしている方がいる場合はきっぱりと諦める
  • 教官に奥さんやお付き合いしている方がいない場合は卒業検定に合格しても気持ちが変わらなければ告白する

事についてお伝えしましが、いかがでしたか?

 

ここで、大切なあなたの将来のためどうしても知っておいて欲しいことがあるので、もう少しだけお付き合いください。

 

それは、私が実際に見たり経験したりした教官たちの本当の姿の事です。

 

自動車学校の教官は主に初心運転者の育成を行うため「法令の知識」「教習指導員として必要な教育についての知識」「自動車の運転に関する知識」「運転技能」「技能及び学科に必要な教習方法」について学習し、公安委員会が実施する厳しい診査に合格しなければなりません。

 

ですので、多くの指導員は社会人として模範となる人間性を備えた方です。

 

しかし、自動車学校の教官も誘惑に負けたり、我が儘がでたり、自分本位の者がいない訳ではありません。

 

私が教習を行っていた自動車学校でも教官と人妻が不倫関係になって旦那さんが自動車学校に乗り込んで来たり、怖い方の愛人に手を付けた教官が恐ろしい目にあったりするのを見てきました。

 

学校や世間には公になっていなくても「奥さんがいる教官に弄ばれてしまった!」という女性の声は多いものです。また、教習中に体を触られたり言葉によるセクハラは頻繁に聞く話です。

 

人を愛すること、好きになることは生きていくうえで大切なことで素晴らしい事です。

 

しかし、お相手の事をハッキリと分かるまでは決して全てを信用しないこも必要です。

 

多くの教官があなたの将来のため親身になって指導をしてくれているはずですが、中には表面だけ優しくて魅力あるふりをする教官もいるので、しっかりと自分をもって接していってください。

 

指導員の中には教え子さんと本気で愛し合い結婚して幸せな家庭を築いている方も多くいます。

 

その反面、自分の立場を悪用して女性を食い物にする悪い指導員もいることを知っておいてくださいね、。

 

格安で安心して運転免許を取得しよう!