クランクやS字カーブを上手に通過するには

クランクやS字カーブは苦手!その気持ちよ〜く、分かります!!

 

「自動車学校でクランクやS字カーブの狭い道の曲がり方がイマイチ分からず不安!」

 

「道が狭いので脱輪したり障害物にぶつけるのが怖い」

 

この記事は自動車学校でクランクやS字カーブの曲がり方のコツが知りたいと切実に感じているあなたに向け書いています。

 

運転免許を取得するための第一関門は仮免(仮運転免許)試験に合格しなければなりません。

 

指定自動車学校では、技能検定と学科試験に合格することが必要です。

 

そして、技能検定に合格するには必ずクランク(直角の右回りと左周りの幅が狭い道路)とS字カーブと呼ばれる狭路通過をクリアしなければいけません。

 

 

はじめまして。

 

私は、自動車学校で教習指導員として携わっていた元教官の男性で車大輔と申します。

 

快適で便利な自動車をこよなく愛する者として、今現在悪戦苦闘しながらも運転免許を取得しているあなたを心から応援したいという想いでこの記事を書いています。

 

私がクランクやS字カーブの曲がり方のことについて取り上げた理由は、クランクやS字カーブといった狭い路の曲り方、すなわち狭路通過を苦手とする教習生の皆さんがとても多いことからです。

 

元教官だった私ですが、狭路通過の課題を苦手とする教習生の皆さんの気持は痛いほど理解でます。

 

これは、決して単なる表面だけの慰めの言葉ではありません。

 

「どうしてそんなに自信満々に言えるの?」とあなたは感じているかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

その答えはごく簡単で、”私自身、仮免許技能検定においてクランクで脱輪し、そのまま走行したため検定中止で不合格となった経験”があるからです。

 

かつては私もあなたと同じように自動車学校で運転免許を取得するため教習を受けましたが、練習中はクランクやS字カーブで脱輪したことは一度もありませんでした。
ところが、検定の日にクランクの左回りの際に左後輪を脱輪させてしまいました。

 

「はい、脱輪大です。交差点を左に曲がって出発地点に帰って」助手席の検定員の冷酷な言葉は今でも忘れられません。

 

私は技能検定で脱輪し始めて内輪差という現象があることを認識しました。また、狭路通過中に危険を感じた場合はバックしてやり直せることや脱輪しても直ぐに停止してやり直せることを知りました。

 

その後の補修教習では、クランクやS字カーブの曲りい方を中心に練習させてもらいましたが、次の検定では狭路通過に対し自信がなく強い恐怖を感じたまま受験しました。

 

幸い2回目の検定で合格することはできましたが、狭路通過で大切なことを身に着けていない私は、もう二度とクランクは通りたくないという思いでいっぱいでした。

 

そんな私ですが運転免許取得して数年後、ひょんなことから教習指導員の道を歩むようになりました。

 

しかし、教習指導員になるには並大抵の勉強ではなれないため、道路交通法や車両運送法、学科や技能の指導法などを半年以上必死で学びました。

 

私の人生の中で一番といっていいほどの勉強をしました。

 

その結果、公安委員会の行う審査に合格し教習指導員になることが出来ました。

 

教習指導員になれたのですが、日々の教習は決して簡単ではなく毎時間が勉強の連続でした。

 

それでも、「免許を取得あと事故を起こさない運転ができる運転者を一日でも早く楽しく育成したい!」という思いで研鑽努力を惜しみなく頑張りました。

 

そのおかげで次第に初心者の人が、「早く、楽しく」そして出来る限り安全な運転者となれるような教習方法を身に着けることが出来ました。

 

勿論、思い入れの強いクランクやS字カーブの曲がり方についても同様に教習生の方が安心して狭路通過という課題をクリアできるように勉強しました。

 

クランクやS字カーブの曲がり方について、”どんなことを難しいと感じたり悩んでいるのか?”

 

”どのような知識や感覚が必要なのか?””どのような練習を行えばよいのか?”を明確に知ることが出来ました。

 

この記事では、私が実際に自動車学校で多くの教習生の方々と接し指導する中で学んだクランクやS字カーブの曲がり方のコツを分かりやすく整理してお届けします。
かつて自分自身が技能検定で脱輪し中止となった苦い経験、教習指導員として実際に指導を行った私ならではの視点で安心して狭路通過が出来る方法をお伝えしたいと思います。

 

クランクやS字走行でお悩みのあなたの一助となれば幸いです。

 

それでは参ります。

 

 

1.クランク、S字走行を曲がるコツ、3つのポイント


 

 

 

クランクやS字カーブは車を始めて運転する初心者の方にとっては、パニックに陥るくらい難しいものです。

 

いざ、狭路に進入したのはいいけれど「そのまま曲がると脱輪したり障害物にぶつけてしまう!どうしたらいいのか分からい!」頭の中は大混乱していませんか?

 

でも、大丈夫!

 

クランクやS字カーブの曲がり方は、3つのポイントを押さえて運転すればパニックにならずスムースに通過できるのです。

 

スポンサードリンク

 

S字カーブやクランクは狭い路という難しさだけでなく路の形状が普通のカーブより急になっています。

 

従ってハンドルを回す量も大きくなりタイミングを計るのも厄介となるのです。

 

狭路通過ではハンドルを回す量が多いこと、比較的素早く、更にタイミング良くハンドルを一気に回すことが必要です。

 

そして、路が狭いことから脱輪や障害物への接触がないかをしっかり観て判断することが大切となってきます。

 

ハンドル操作や危険予知を的確に行なうためには充分な時間が必要となってきます。

 

微速度とは止まる寸前くらいの速度と思って下さい。

 

微速度を作る方法は、MT車(マニュアル車)とAT車(オートマチック車)で違いがあります。

 

マニュアル車の微速度調整

 

マニュアル車で止まる直前くらいの速度を作るには、

 

@ローギアではノッキングして更にエンストしてしまうため、クラッチを踏まなくてはいけない速度までブレーキングします。

 

Aその後、クラッチを切ったままでは停止してしまいそうであれば、アクセルを僅かに踏みクラッチをつなぎます。

 

B必要な速度が出たら直ぐにクラッチを切ります。

 

Cその後は速度が落ちすぎればクラッチをつなぎ、速度が速くなりすぎそうな場合はクラッチを切って速度を調整しますが、クラッチの入り切りを効率的に行うにはクラッチの上げ下げを最小限にすることが望まれます。
従ってクラッチは繋がったり切れたたりする境目で保持しておくことが良いでしょう。このような状態を半クラッチと呼んでいます。半クラッチは狭路通過以外にもバック走行でも必要となるので大切な技能となります。

 

AT車の微速度調整

AT車はクラッチ操作が必要ないため、ブレーキ操作とクリープ現象を利用して微速度を作ります。

 

クリープ現象とは、アクセルを踏まなくても車がジワジワと進む現象です。

 

AT車で止まる寸前の速度を作るには

 

@ブレーキで速度を落としていく
A微速度が出来て更に速度が落ちすぎた時はブレーキを緩める
B速度が速すぎそうなときにブレーキを使用する
こうした流れになりますが、コツとしてはブレーキを踏んでいったとき、抵抗を感じ始めたところ(足の裏に硬さを感じ始めたところ)の数ミリを踏み分けることです。

 

AT車でもMT車でも同じですが、速度は速度計などで確認するのではなく風景の流れで感じて覚えます。

 

微速度調整はハンドル操作や危険回避を行える速度つくりだという事を意識して行いましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

クランクやS字カーブは路幅がわずか3.5メートルしかありません。普通車の全長が約4.4メートルほどですから路が狭く車は大きく感じることでしょう。

 

また、車の横幅(全幅)は1.69メートルあり路幅の半分ほどを占めているのも狭路では大きなプレッシャーとなるのです。

 

路幅3.5メートルの狭い路を幅1.69メートル長さ4.4メートの車が曲がっていくには内輪差という現象を知って運転することがとても重要です。

 

内輪差を意識しないで狭路通過をすると私のように検定で一発中止となってしまいます。

 

では、内輪差とはどのような現象をいうのでしょうか?

 

内輪差とは車が曲がるとき、前輪(内側)の軌道より後輪(内側)が中を通る現象をいい、ハンドルの量に比例して大きくなります。

 

車の大きさによっても差異はありますが普通車で最大90センチくらい内輪差が発生します。

 

ここまで、狭路と車の大きさ、内輪差という数値的なことをお伝えしましたが、あなたはどのように感じられたでしょうか?

 

いざ車に乗り運転席に座るとクランクやS字カーブはとてつもなく狭く車自体が大きく感じられると思います。

 

しかし、車を狭路の端いっぱいに寄せると反対側には(3.5メートル−1.69メートル=)1.81メートルものスペースが生まれます。

 

1.81メートルという数字は車の幅より大きく、最大内輪差の約2倍もの大きさといえます。

 

従ってクランクやS字カーブの狭路通過は路全体を広く使用すれば数字上では結構な余裕があると言えます。

 

狭路を安心して安全に、そして楽に曲がるためには「路を広く使う」という配慮がポイントとなります。

 

クランク内であれば右に曲がる前は路の左側に目いっぱい寄せ、左に曲がるときは、路の右側に目いっぱい寄せておくと楽に安心して通過できるのです。

 

クランクやS字カーブを曲がるコツとして車の誘導がポイントであることはご理解いただけましたか?

 

しかし、あなたは「誘導方法は分かっているけど、狭い路で車を端っこに寄せるのが怖い、出来ない!」と感じているかもしれません。

 

車の運転を練習し始めた方にとって身につけない感覚の中で難しいのが、この「車両感覚」です。

 

自動車学校で「車両感覚が思うように身につかない!」という教習生の方の悩みを耳にしても「車両感覚なんて理屈じゃない!車の運転は慣れるしかないんだ!」と闇雲に運転を強要するお馬鹿な指導員もいるようです。

 

確かに車の運転は慣れが必要ですが、漫然と運転しても無駄な時間が必要となってきます。

 

効率よく楽に車両感覚を身につけるには、必要な知識と人間の持つ最大限の感覚を育てていくことが必要です。

 

車両感覚で必要な知識とは「車には見えない部分がある」ということです。

 

車は前も後ろも左右も見えない部分が多いので運転席に座ったとき、とてつもなく大きく感じてしまいます。

 

従って学科教習では車の死角がどれくらいあるのか教えてくれますし、技能教習ではポールなどを使用し運転席からどれくらい見えない部分があるかを体験するカリキュラムとなっているはずです。

 

車両感覚は運転席に座ってみて感じた自車の位置と実際との差がどれくらいかで決定されます。

 

ご自分で車を路の右いっぱいに寄せたとき実際にどれくらいの誤差があるかが右いっぱいの車両感覚になります。

 

当然ですが、その誤差が小さければ小さいほど車両感覚は優れていると言うことになります。

 

実際とご自分の感覚との誤差を縮めるためには、運転席から見たご自分の感覚と実際の車の位置を見比べて覚えていくと早く楽に身につきます。

 

狭路通過では左右後輪の位置、左右前のバンパーの位置、左右ボディーの感覚が需要となってきます。

 

先ずは、
@車を路の右いっぱいに寄せ、寄せたと思うところで停止し、車から降りて実際の位置を確認する。

 

Aぴったり寄っていれば運転席に戻りその感覚をよく覚えておき「やった!」と自信を持つ。

 

B確認した結果寄りすぎたり、寄りが不足していた場合は、誤差の距離を頭に置き再度寄せなおす。

 

C結果が良ければAへ、満足いかなければBへ、

 

D左いっぱいの感覚も同様に身につける。

 

これで、左右いっぱいの感覚は効率よく身につきます。

 

尚、いっぱいの感覚というのは5〜10センチくらいで充分です。

 

次に左右に曲がるとき左右のバンパーが危険となりますので、その感覚を養います。

 

この感覚も運転席から見た感覚と実際を見比べてその精度を10センチくらいの誤差範囲で分かれば上出来でしょう。

 

最後にハンドルをいっぱいに切ったときの内輪差による後輪の感覚です。

 

この後輪の感覚は狭路通過に必要な感性のなかで一番悩みの多い分かりにくいものです。

 

これまでの前輪や車幅の感覚は前方を見ればおよその感じが想像できますが、後輪の場合は車が進んだ距離や道路への接近の仕方でタイヤの位置を想像しなければならないからです。

 

後輪の感覚も前輪や車幅感覚と同じように道路の曲がり角に後輪がいっぱいに近づいた(10センチ〜15センチ)と思う(感じた)ところで車を停止させ、降車して誤差をチェックします。

 

これを反復して感覚を掴んでいきます。

 

後輪の感覚は大変難しいので10センチ〜15センチくらいの精度があれば十分だと考えます。

 

私は、後輪の車両感覚を教習するとき、ある程度の感覚が備わった教習生の方には、次に掲げる理由から後輪を僅かに脱輪させ、直ぐに停止するようにお願いしていました。

 

@教習生の方に後輪の感覚を掴んでもらうため

 

A後輪の感覚を掴めているかを検証できるため

 

B脱輪したときは停止して車をバックさせやり直す習慣をつけるため

 

この段階で気をつけたいことは、後輪を脱輪させようとして僅かに脱輪しなかった場合は、降車して状況を確かめることが重要となってきます。

 

脱輪はしていないけどタイヤの位置が縁石から10センチ〜15センチ以内であれば感覚的には大丈夫だと判断していました。

 

逆に脱輪はしたのですが、15センチを超えたところでギリギリ脱輪したと感じる場合は感覚にズレが生じていることになります。

 

いずれにしても、運転者が思う状態と実際を降車して確かめながら感覚を身につけていくことが大事です。

 

そして、後輪をギリギリ脱輪させた場合(15センチより近づいたときも可)は車を即停止させることは自分自身の苦い経験からもいえますが、超重要です。

 

後輪が脱輪した場合は、左右後方の安全を確認してバックしますが、ハンドルはそのままで車が道路に平行になるころにまっすぐ戻すだけでやり直しが出来ます。

 

後輪の感覚を身につけることの重要性は前述したように「危険を察知する能力を持ち、危険に近づかない運転を身につける」ということです。

 

ですので、最終的には習得した感覚を活かして運転中、内輪差による危険性を感じた時直ぐに停止しバックしてやり直すことが求められます。

 

そうすれば、私の二の舞にはならず技能検定一発合格が実現できるでしょう。

 

 

クランクやS字カーブでの通過が上手くいかないときは、これまでお伝えした通り「速度調整」「車の誘導」「車両感覚」に問題があるはずですが、短すぎる教習時間の中で指導員も教習生の方も勘違いして教習時間を無駄にしているケースも見受けられます。

 

それは、殆どの場合指導する側に原因があるのですが、教習を受ける方も知っておくべき内容ですので理解していただければ幸いです。

 

狭路通過で誤解が多いことにクランクやS字カーブに進入した際は一発で通過しないと思いこんでいる人がいるということです。

 

勿論、道路上での円滑性を考慮するとスムーズに通過することが望ましいことですが、最も大切なことは危険に近づかない運転です。

 

ですので、クランクやS字カーブの中でも危険と感じたときは、まず車を停止させることが最重要となります。

 

これは信じられないことですが、指導員の中には教習生の方が危険と感じ停止すると良い顔をしないとんでもない人もいるようです。

 

運転を始めたばかりの方が自らの意思で危険と感じ停止する勇気は大変大きく貴重なものです。

 

にも関わらず正しい行動を否定する人が・・・。

 

「安全で良識のある初心運転者の育成」という社会的使命をもった教習指導員ならば、先ずは危険を感じ停止した教習生の方を認めその勇気を褒めてあげるべきです。

 

もし、危険な状態でなければ一緒に降車して現実を見せてあげれば教習生の方は納得するはずで、車両感覚は一歩前へ進みます。

 

一部のつまらない指導員が狭路のなかで停止することを嫌がる理由は恐らく、へたにバックすると後方確認を忘れたり切り返しを間違えたりするのでややこしくなるから
しかし、こんな指導員自身が実際の道路で愛車を運転していた場合はどうでしょうか?

 

危険と感じたなら一旦停止し後方の確認を充分に行いバックしてやり直すはずです。

 

これが、当たり前の運転なのです。

 

ですから、技能検定のときクランクやS字カーブ内で危険だと感じ停止し安全を確認してバックしてやり直しても1回目は何の減点もありません。

 

これも当たり前のことなのです。

 

クランクやS字カーブは一発で通過しなくても良いことをお分かりいただけたと思いますので、あなたの運転にお役立ち頂ければ幸いです。

 

スポンサードリンク

 

私は普通車の前に自動二輪車を運転していたので四輪車の運転がとても恐かったのを覚えています。

 

普通自動車は二輪車に比べると運転席からの景色が全く違い、とてつもなく大きく感じました。

 

その理由は車には見えない部分(死角)が多く存在するからなのです。

 

この死角は車の種類や、運転者の体格、運転ポジションによっても多少変わりますが、前で4〜5m、運転席横1〜2m、助手席横4〜5m、後ろにいたっては8〜12mも見えないところができます。

 

例えば自動車を前進させていったとき前方に障害物があった場合、障害物ガ見えなくなるのは自動車から4メートルほど先になります。

 

車の運転に慣れていない方は障害物が見えなくなった時点を車の先端と勘違いするため、前方に関しては死角の大きさである4メートルほど車が大きく感じるのです。

 

先ほどのように車の死角は、前方だけでなく運転席横1〜2m、助手席横4〜5m、後方で8〜12mあるため、とてつもなく大きい箱にみえるのですね。

 

おまけに、光り輝く車のボディーを傷つけてはいけない、或いは高額な車を傷つけてしまえば大金を要する、なんて思いになればプレッシャーは計り知れませんよね。

 

ですが、運転席から見える景色と実際の道路と車の位置を繰り返して比較することで次第に感覚が養われていくことは間違いありませんので安心してくださいね。

 

クランクやS字カーブで車の大きさを過大評価してしまうと心理的に恐さを感じ大切なポイントを抑えて運転することが困難となります。

 

車の大きさを過大評価することなく運転席からの見た目と実際の状態を近づけることで狭路通過の3つのポイントを抑え運転すればクランクやS字カーブもスムーズに通過できますよ!

 

自動車学校で教習を受ける教習生の方には、運転に混乱ガ混乱しないように、1つ1つの教習項目を分離させている方がおられます。

 

頭の中を整理しポイントをきちんと抑えることはとても重要なことで素晴らしいことです。

 

一方で実際の運転は1つ1つの動作が連続するもので、ときには複数の動作を同時に行うケースもあります。

 

このような観点から狭路通過を考えてみると、クランクやS字カーブのポイントを押さえ運転することと切り返しは異質の項目として捉える方がいるかもしれません。

 

狭路通過と切り返しは同じ項目の中で教習は行われますが、運転を習い始めてわずか10時間ちょっとの方にとってクランクやS字カーブを通過するポイントを覚え、更にバック走行を伴う切り返しという項目を結びつけて考えるのは難しいことでしょう。

 

しかし、切り返しは狭路通過での危険性を避けるためには必要不可欠な項目となりますのでしっかりと習得しなければなりません。

 

ですので、もし切り返しと狭路通過は関係ない別物の項目だと思われている方がいらっしゃいましたら考えを改めていただければよいかと思います。

 

せっかく切り返しのお話をさせていただいているので、具体的に切り返しを上手く活用する方法をご紹介しておきますね。

 

クランクやS字カーブで発生する主な危険性は
・障害物に車の先端(バンパー部分)が接触したり前輪が脱輪(沈みコースの場合は接触)する
・内輪差により後輪が脱輪(沈みコースなら接触)或いは障害物に接触する
この2つのパターンです。

 

これらの2つのパターンでバックしながらのハンドル操作が違ってきます。

 

前者の前方に危険性がある場合は、ハンドルを今までと逆に回しながらバックします。

 

例えば左に回っていた場合ハンドルは左方向に回しているので、バック時はハンドルを逆の右に回しながら行います。

 

しかし、後者の内輪差により脱輪等の危険がある場合は、ハンドルはそのままバックして、車が道路と平行になる頃まっすぐに戻します。

 

初心運転者の方にとってバック時の車の動きは大変ややこしく厄介なものです。

 

ですので、最初のうちは前が危ないときはハンドルを逆方向でバック、内輪差で後方が危ないときはハンドルをそのままでバックすると覚えておくと便利ですよ。

 

 

いきなりですが、自動車学校の教習でたまに耳にする言葉に「目印教習」という違和感を覚える方も多いワードがあります。

 

「はい、このポールが車のこの位置にきたらハンドルを1回まわして・・・。」というものです。

 

あなたは、この目印教習についてどのようなご意見をお持ちででしょうか。

 

私は道路交通法、関係法令、指導法などを学び、実際に教習を行い、教習自体から多くのことを学び、学んだことを教習にフィードバックしてより良い教習を目指してまいりました。

 

その結果「目印を使って車の運転を行うのは有り」といえます。

 

私自身、本来は目印的な教習は無いほうが良いと考えます。

 

しかし、人生で初めて車の運転を始める方が短い期間に全てご自分の感覚で運転できるまでに到達することは難しいものです。

 

ですので、私はどうしても課題を感覚だけでこなすのが難しい教習生の方には目印的な教習も行っていました。

 

狭路通過を例に取ると、どうしても車を道路の左いっぱいに寄せられない方には、「同じ車種で運転席の調整も同じのとき、道路の左端(コースでは縁石の白線)が車のボンネットの何処に見えるか」を目印として提供していました。

 

このとき、くれぐれも車の大きさや運転席の位置、勿論道路の左端の状態が違えば通用する目印ではなことをしつこく伝えてました。

 

でも、不思議なもので繰り返しているうちにご自分の感覚として身につく方が多くいました。

 

どうしても、狭路通過が出来ない方は狭路に入った瞬間の車の位置取りが悪いのが原因で次第に窮屈となり危険に近づいてしまいます。

 

内輪差があることを理解していても、或いは内輪差を知っているからこそ狭路通過が難しいと感じている方は、クランクやS字カーブの入り口での車の位置を意識しましょう。

 

例えば、クランクの形状が最初に右直角に曲がり次は左直角に曲がり左折で大きな道路に出る場合ですとクランクに進入した時点で車を左いっぱいに寄せなければその後の右直角の曲がり方が窮屈になって、次の左直角の曲がり方は更に窮屈となります。

 

そのため、目印的に路の左いっぱいに車が寄った感覚を知っておけば、楽にこのタイプのクランクは通過できるはずです。

 

勿論、クランクの曲がり方が逆の場合(最初が左直角の場合)は逆になりますのでご注意ください。

 

このように、どうしても狭路通過が上手くいかない方は目印を利用して感覚を養っていくのも良いでしょう。

 

 

ここまで、なが〜い文書をお読み頂きありがとうございます。

 

狭路通過は私自身が仮免許試験の技能検定で脱輪(大)で一発中止となったことから、ついつい思い入れが強くなってしまいました。

 

最後にクランクやS字カーブの曲がり方について要点をまとめますので、ご活用いただければ幸いです。

 

・微速度で、観て感じて対応できる時間を作る
・楽に安心して曲がるための車の誘導をイメージする
・危険を感じ取るため必要な車両感覚を身につける
あなたが自動車学校で1時限50分の技能教習を受ける場合、教習項目のポイントを知り意識して取り組むのと指導員に言われるままに教習をうけるのでは教習効果は全く違うものになるでしょう。

 

狭道通過は「速度」「誘導」「車両感覚」の3つを押さえて運転することで結果は劇的によくなります。

 

当然、3つのポイントは繰り返しの練習で身につくものですが、教習中はもとよりそれ以外のときでもイメージトレーニングで活用すれば大きな成果を得ることが出来ます。

 

クランクやS字カーブを通るとき、こうすれば大丈夫と言うあなたなりのイメージが掴め実践できれば、もう大丈夫ですよ!

 

自動車の運転席から見ると車は驚愕するくらい大きく見え、狭路は震えるほど細い路にみえてしまいますよね。

 

だから、どうしてもクランクやS時カーブの通過には根拠のない誤解が生じ危険な落とし穴にハマることも・・・。

 

しかし、実際にクランクやS字カーブを見ると自動車が2台入るほどの幅があり、車の幅は1メートル70センチにも満たないくらいなんです。

 

また、一連の運転過程の中で道路形態が狭い路ということだけなのに、クランクやS字カーブは一発で通過しなければならないなどの間違った知識もあるようです。
ここでは、狭路通過の際に誤解して欲しくない3つの事項を知ってくださり実践に役立ててもらえれば幸いです。

 

・一発で通過しなくても1回はやりなすことが出来る
・狭く見える路や大きく感じる車の大きさを車から降りて見ると全く違う景色がある
・切り替えしは狭路通過で危険性を避ける受容なノウハウ
クランクやS字カーブの通過は「今、何をすべきか?」という点にフォーカスして運転することが上達への近道です。

 

狭路通過で、3つのポイントを理解していても実際に運転すると正しく車を誘導できなくて「上手くいかない」とお悩みの方も多いことでしょう。

 

どうしても狭路通過が上手くいかない方の殆どは、車を路の左右いっぱいに寄せる、車両感覚が身についていない。ハンドルを切るタイミングが不安定(車の誘導が上手くいかない)というものです。

 

そこで、最低限クランクやS字カーブを曲がるため自動車が路の左右にいっぱい寄ったときの風景を目印的に覚え、ハンドルの切り始めも目印で行うのです。

 

目印教習については賛否両論ありますが、どうしても短い教習時間の中で感覚が掴めない時は目印から始まり徐々に感覚をつけていくという手段もありかと考えます。
自動車教習所で定める教習時限数と感覚として身につくため必要な時間には現実的にギャップがあるのは否めません。

 

目印そのものが、危険を誘発するものでないことを大前提にして感覚を補助するものであればOKだと考えられるので、どうしてもと言う方は活用してみてはいかがでしょうか。

 

あなたの運転に関する技能と知識が楽しく、効率的に身につくことを心よりお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

格安で安心して運転免許を取得しよう!