合宿免許で格安免許取得するなら補修費用を削減したい

方向変換や縦列駐車の目印教習の是比

縦列駐車や方向変換は現在
第2段階の路上教習で行われています。

 

昔は、場内教習の段階で
行われていた教習科目です。

 

第2段階での教習となった方向変換やバックでの
縦列駐車は卒業検定にも変化をもたらしました。

 

路上コースを走行した後に、どちらか1つの
課題をクリアしなければなりません。

 

方向変換や縦列駐車の課題は
バック走行で行われ苦手な人が多いようです。

 

場内教習では毎回大きさが同じ
道路で行うため目印教習が多いようです。

 

バック時の目印教習乗の是非については
賛否両論の意見があります。

 

実際の道路では毎回違った条件で
駐車したり方向を変えるため意味がない。

 

誰でも、ハンドルを切る時期は目印的な
要素を持って行っているので問題ない。

 

このような2つの意見があるのです。
その真意はどうなのでしょうか。

 

目印は誰でも利用する感覚的な材料

バック走行時の目印運転とは
外の動かない物を目印として利用するものです。

 

「3本目のポールが後部座席の真ん中に来たとき
ハンドルをいっぱいに回す」等の表現をします。

 

この目印教習は言葉だけを聞くと問題がありそうです。
何故なら、この状況でしか使えない目印となっているからです。

 

3本目のポールはおそらく自動車教習所にしか
ない目印でしょう。

 

でも、毎日運転している私たちも車庫入れなどを
行う際は目印的なモノを利用しています。

 

バック時に自動車から見える駐車スペースの
左右や中央付近を見て目印にしているのです。

 

見えない部分はドアミラーやバックミラーを利用して
修正しながら納車しています。

 

ですから、目印教習が役に立たないという事は
ないようです。

 

目標地点に自車を誘導するハンドル操作は
最初のうちは目印であっても構わないのです。

 

繰り返し練習していくうちに
感覚として身についていくものです。

 

補修時間を極力抑えるため

自動車教習所で練習する教習時間
だけですべての感覚を身につけるのは難しいものです。

 

自動車教習所では初心運転者として
道路で運転する最低限の運転技術しか身につかないものです。

 

自動車教習所の路上コースはその地域の
本の一部でしかありません。

 

教習所で運転に必要なすべての感覚を
経験し身につけるいは膨大な時間が必要です。

 

時間的、経済的にも負担のかかる
補修は極力少なくしたほうが良いでしょう。

 

その為には感覚だけでなく、目印などで
覚えて対応することも一部必要な事もあるのです。

 

免許を取得して身につければ良い感覚も
あることを知っておくと気が楽になるでしょう。

格安で安心して運転免許を取得しよう!