免許取得費用をトータルで格安とするためには

免許取得に関わる費用とは

自動車の免許取得に関わる費用は多方向から
検討する事をお勧めします。

 

自動車教習所に通う為に発生する費用は
教習費用だけではありません。

 

例えば、大学に通う人が免許を取る場合
交通費の負担が大きくなることがあります。

 

教習所に通うことで食事代が
高くなることもあるのです。

 

免許取得に関わる費用は教習費用だけに注目されがちです。
しかし、他の支出も馬鹿にならないものです。

 

自動車教習所を選ぶ際は、凡ゆる支出を
トータル的に考慮して費用を検証していきたいものです。

 

一発試験はかえって高額になることも!

自動車免許の取得方法には試験場に直接行って
免許を取得する一発試験という方法があります。

 

確かにこの方法だと数回で試験に合格すれば
自動車学校に行くより遥かに安い教習料金で済むことになります。

 

しかし、不合格となった理由がはっきりわからない一発試験は
数回の挑戦では通らないケースが殆どです。

 

結局は途中で諦めてしまい教習所で免許取得を
行う事になりかえって費用が高くなる事が多くあります。

 

運転経験のない方が初めて免許取得する場合は
一発試験は結果的に高額な費用となる可能性が高いのです。

 

自動車教習所は指定の有無をチェックしましょう!

自動車教習所には指定校と非指定校があります。
公安委員会の指定を受けているか否かの違いです。

 

指定校は仮免許試験や本免許試験の技能試験が免除されます。
その代わりに技能検定が自動車学校で実施されます。

 

技能検定とは試験場で公安委員会が行う技能試験を代行するものです。
合格率は比較できないほど技能検定の方が良いものです。

 

自動車教習所の中で極端に教習費用が
安い場合、指定校でない事があるため注意しましょう。

 

勿論、運転経験があるような方が指定外の
教習所で費用削減を図ることはアリだと言えるでしょう。

 

しかし、指定外の自動車教習所は公安委員会の行なう
技能試験に合格しなければならないのです。

 

運転経験のない方が指定外の教習所に行った場合
トータル的な費用が高くなる可能性が高いものです。

 

自動車教習所を選ぶ際は指定の有無を
しっかりとチェックして指定校を選ぶことが重要です。

 

教習費用と追加料金について

自動車教習所の教習費用だけを見て判断すると
その後発生する追加費用のため高額な費用となる事もあります。

 

自動車教習所で必要とされる費用には

  • 基本的な教習料金
  • 仮免許学科試験料金、修了検定料金及び卒業検定料金
  • 補修料金
  • 自由練習料金
  • キャンセル料金
  • 夜間料金

などがあります。
これらの費用は自動車学校によって大きな違いがあるのです。

 

基本的な教習料金

パンフレットやサイトなどの教習料金として記載されるものです。
教習料金の表現方法は各校でバラバラな状況です。

 

例えば、検定料金が教習料金に含まれている場合
もあれば、別途必要なケースも有るのです。

 

基本教習料金一覧などの注意書を
よくチェックしてオプション項目を調べるようにしましょう。

 

仮免許学科試験料金、修了検定料金及び卒業検定料金

仮免許を取得する際に、学科試験や修了検定の手数料や
路上での検定をうける卒業検定に必要な費用です。

 

この費用は基本教習料金に含まれているところが
多くなっていますが、そうではない自動車教習所もあります。

 

検定などが不合格となり2回目以降受験する場合のい
費用が発生する自動車教習所もあります。

 

補修料金

補修料金とは規定時間内に教習が終わらず時間超過する場合や
検定に不合格となった場合に発生するものです。

 

価格は4,000円〜5,000円位で自動車学校により差があります。
また、年齢により必要のない自動車教習所も増加しています。

 

補修料金は追加費用としては、大きな金額になりうるため
しっかりとチェックしていおくことをお勧めします。

 

自由練習料金

自由練習というのは、検定をうけるまでに時間が空くなどの
理由で練習を行うときなどに利用されるものです。

 

キャンセル料金

教習をキャンセルした場合発生する料金ですが一般的には
前日までに連絡をすればキャンセル料金は発生しないようです。

 

事後連絡となったり遅刻により教習が成立しない場合などに
キャンセル料金は発生します。

 

夜間料金

夜間料金は夜の時間帯になると教習生が増える場合が
ある為かつては夜間料金という名目が多くありました。

 

さすがに近年はそのような名称は少なくなりましが
デイタイムとフリータイムという名称で料金格差をつけています。

 

ちなみにデイタイムとは昼間の教習のみ受ける時間帯で
フルタイムは全ての時間帯で教習を受けることが出来るものです。

 

追加費用のいらない自動車教習所選び

自動車教習所で免許を取得する時、
追加で発生する費用の有無を調べておくことは重要です。

 

自動車教習所によっては補修費用、検定料金は
保証する、つまり教習費用に含まれるところが増加しました。

 

補修料金や検定料金などの保証を行う対象者には
年齢制限がありますが、条件に合う人は格安で免許取得が出来るのです。

 

年齢制限は自動車教習所で違いがありますが、
概ね25歳〜35歳以下という条件が多いようです。

 

このように補修料金や検定料金が無料にできるのは
補修時間が短く検定合格率も高いことが理由だと考えられます。

 

自動車教習所の費用を格安にする為には
追加費用が要らない自動車教習所を選びましょう。

 

はっきり言って教習料金表の下にとても小さな字で
追加費用の詳細を記載している教習所の費用は高くなるケースが多いです。

 

単純明快な表現でわかり易い表現をしている
自動車教習所の方が費用が安い場合が多いものです。

 

トータル的な費用を賢く計算

自動車の免許を取得する費用は教習費用だけではなく
交通費や食事代も考慮することをお勧めします。

 

交通費や食事代も自動車学校に行く日数が
多くなればなるほど高額なものになります。

 

自動車教習所を選ぶ場合は教習費用以外に
かかるお金を計算してみましょう。

 

例えば大學に通いながら夜間に自動車教習所に
行って2ヶ月で免許を取得した場合を仮定してみます。

 

交通費が一日300円、食費が500円だとして
1ヶ月に20日間、自動車教習所にいったとして16,000円も必要となります。

 

2ヶ月間で免許を取得できたとして交通費と食事代で32,000円も
余分な費用が必要となってしまいます。

 

教習費用だけでも高額な自動車教習所は
交通費や食事代がかからないところを選びたいものです。

 

合宿免許は合理的な免許取得方法

食事代や交通費のことを考えて自動車教習所を選びたいけど
そんなに都合の良い場所に自動車教習所がないという方も多いはず。

 

そんな時にお勧めなのが、合宿免許です。
合宿免許は教習費用が格安なだけでないのです。

 

教習費用も宿泊料も食事代も含めた料金システムですので
余分な出費が殆ど発生しません。

 

信じられないような話ですが、教習料金+宿泊料+食事代を含めても
地元の自動車教習所に行くより費用が安い場合も多数あるのです。

 

トータル的な費用を計算すると合宿免許は
驚愕の格安価格で免許が取得できるので、とてもお勧めです。

格安で安心して運転免許を取得しよう!