合宿免許で格安免許取得するなら

教官に好かれて早く安く免許を取得しよう!

立場を割り切ることが大事です!

現代社会において国内で運転免許を取得するには
指定自動車学校に通うことが不可欠の時代です。

 

試験上での一発試験という方法は
時間と費用に大きなリスクが伴うからです。

 

そんな自動車学校の教習費用や教習時間は
膨大な費用と時間を要するものです。

 

ひと月分のお給料では賄えないくらいの費用。
最低でも2週間は必要な時間。

 

それほどの負担を強いられて取得する運転免許。
しかも、尚且教官に怒られては割が合わない!

 

そのように感じている方も多いのではないでしょうか。
その気持ちは痛いほどわかります。

 

しかし、教官側の立場からすると指定自動車学校は

  • 安全で良識ある初心運転者の育成
  • お客様としての接遇も重要

という二面性をもっているのです。

 

ですので、少々耳の痛いことも
言わなければならないケースもあるのです。

 

しかし、よく考えてみれば、

  • 免許を取得したあと安全運転できるように
  • しかも、安く早く免許を取得したい

という思いは教習生の方も教官も同じです。

 

ですので、お互いが立場をよく理解することが
良い関係を構築するため大切です。

 

教習生の方と教官との関係が良いと
教習はススムーズに行って早く安く免許取得が出来るのです。

 

そのためには、教官は教習生の方に嫌われないよう
教習生の方も同様に努力することが必要です。

 

こんな教習生は嫌われる

教官の多くは、免許取得後事故を起こさないよう
少しでも早く卒業できるよう教習を行います。

 

そんな時に困った教習生がたまにいます。
自動車学校の教官が敬遠する教習生とは

  • ご自分の技量を把握ぜずやたら「みきわめ」を欲しがる
  • 教習を受けていれば自動で免許取得できると持っている方
  • 出来ない理由を周囲のせいにする方
  • 教習を休みがちな方
  • 教官の話をよく聞いてくれない方

このような方がいます。

 

やたら「みきわめ」を欲しがる方

教習生の方には時間的な制約があったりして
焦っている方が多いものです。

 

このような方でやたら先の教習に進みたがる方がいます。
教官として先の教習に進めることは簡単です。

 

しかし、それは先々ご本人が結果的に多くの教習時間を
要することになるため、教習生の方のためにならないことなのです。

 

基本的な運転操作が未熟な方が合図の時期や安全確認ができるでしょうか?
結局、何もかもが中途半端となりどうしようもなくなるのです。

 

先の教習へ進めない教官の判断は
愛のムチとして捉えて頑張りましょう!

 

教習を受けていれば自動で免許取得できると持っている方

トコロテン方式で教習が進むと思っていいる
教習生の方もたまにいます。

 

すべてが受身となっている方は昨今増えているようです。
免許を取得するにはご本人です。

 

ご本人が積極的に意欲を持って教習に望む事が大切です。
教官は教習生の能力を引き出す役割でなのです。

 

特に学科教習は教官に印鑑を貰えれば良い
という感覚を捨てご自分のため真剣に学ぶことをおススメします。

 

出来ない理由を周囲のせいにする方

これはどの世界にも存在する成功出来ない
人の共通の特徴と言えます。

 

本来自分に関わる結果は全て自分に起因するもの
と思うことが成長するため重要な考え方です。

 

その逆にすべての結果が自分外の原因によるものだと
いう考え方は成長を停めてしまいます。

 

例えば、検定時に横断歩道を渡ろうとする人がいるのに
停止せず一発中止になった場合がそうです。

 

「検定中に横断歩道を渡る人がいるなんて信じられない!」
そんな驚くような事を平気で言う人がいます。

 

一発中止になったのは横断歩道に歩行者がいないか
しっかり見ていなかったご本人の責任です。

 

すべての原因を周囲の人や環境のせいにする
他責という考えでなく、自責という考えが重要です。

 

教習を休みがちな方

物事を習得するには当初は高い意識で反復練習し
次第にそれが習慣となれば良いとされます。

 

行動が習慣化されるのは継続して練習することが不可欠です。
人は一旦覚え始めたことでも忘れる動物だからです。

 

そのため、教習を休みがちになる人はどうしても
教習時間が長くなる傾向に有ります。

 

学校や仕事の関係で教習を休むまなければ
ならないのは良くわかります。

 

いざ、免許を取得しようと決心したときは
教習を休まないで良い方法を計画しましょう。

 

せっかくの決心が揺らがないような環境に
身を投じうこともひとつの手ですね。

 

その点では合宿免許を利用することは
とても理にかなっています。

 

短期間に免許取得中心の生活ができるのですから
運転免許取得には最高の方法です。

 

教官の話をよく聞いてくれない方

自動車学校の教官の役割は正しい運転を伝え
教習生の方の運転がそれで良いかを判断することです。

 

そこで、肝心の伝えられる教習生の方が
教官の言うことを聞いていないと先へは進めません。

 

先ずは、教官の言うことに耳を傾ける気持ちを
持つことが必要です。

 

しかし、真剣に聞く耳を持って教習に望んでいても

  • 教官の言うことが聞き取れない
  • いっている意味がよくわからない

というようなケースが有ります。

 

このような場合は遠慮せずはっきりと
「よく聞こえなかったのでもう一度お願いします」
「意味がよくわからなかったのでも一度説明してください」
とはっきり伝えることがとても重要なことです。

 

このようなことを言うと教官に悪い気がする、などと
気を使う必要はまったくありません。

 

冒頭に申し上げましたように、教官の仕事は
教習生に正しいことを伝えることです。

 

聞こえない、分からない、そんな教習をしている
自分を恥ずべきです。

 

聞きなおす、ということを普段あまりしない人は
抵抗があるかもしれませんが、頑張ってくださいね。

 

一般的な常識を持っていれば大丈夫!

随分いろんな事を書き並べましたが
あまり心配しないでくださいね。

 

教官に敬遠される教習生なんて
実際にはそう多くはいません。

 

人間誰しも完璧ではないので
少しは上記の内容に当てはまることもあるでしょう。

 

でも、そんな些細なことで教官は貴方を
見放したりしません。

 

愛情を持って接してくれるでしょう。
安心して教習を受けてください。

 

万が一、教習を受けていて教官との関係が
上手くいかないときこのページを読んで見てください。

 

もし、該当することがあれば正してみることを
オススメします。

 

きっと良い結果が現れてくるでしょう。

 

 

格安で安心して運転免許を取得しよう!