合宿免許で格安免許取得する更なる方法

合宿免許で支出を減らすには!

合宿免許の初期費用

自動車学校を利用するときよくある疑問に
費用はどのくらい必要かということがあります。

 

そこで、サイトなどをよく調べていくと
合宿免許を使えば格安で短期間に免許取得が
可能など言うことがわかってきます。

 

その際、合宿免許の費用があまりにも
格安なのでどの範囲までの料金なのか不安になることも。

 

例えば、

  • 教習費用は含まれているけど検定料金は?
  • 交通費は全額出してくれるの?
  • 宿泊費用は別途必要?
  • 食事はついているの?

こうした不安も多いのではないでしょうか?

 

合宿免許でいう費用には

  1. 教習費用
  2. 交通費
  3. 宿泊費用
  4. 食事費用

を含むのが一般的です。

 

これらの費用を含んで、更に格安な費用なため
合宿免許はお得だと感じられることでしょう。

 

合宿免許費用で知っておきたい例外となる費用

ここで、気を付けていただきたいことがあります。
それは、合宿免許を利用する場合、別費用も存在することです。

 

教習費用

仮免許を取得するためには
仮免許試験、修了検定に合格しなければなりません。

 

仮免許試験というのは学科試験のことで
修了検定とは実技の試験です。

 

ここで、よく理解しておいて欲しいことは
仮免許試験には

  • 仮免許試験手数料1700円
  • 仮免許交付手数料1100円
  • 合計2800円

が別途必要だということ。

 

仮免許試験に不合格となった場合
仮免許試験手数料はその都度必要です。

 

これらの費用は選択した自動車学校へ到着した時に
支払いのが一般的です。

 

修了検定の費用は初期費用に含まれますが
不合格の場合は1回につき5400円前後必要となります。
(自動車学校により差があります)

 

そして、自動車学校を卒業するための卒業検定にも
不合格となった場合、再検定時にお金が必要となります。

合宿免許で支出を減らすには
このような別料金の仕組みを理解し
できる限り一発合格をすることが大事ですね。

 

交通費

合宿免許で保障される交通費には
上限があります。

 

北海道の合宿免許を利用する場合、
東京と福岡ではかかる交通費に大きな差があります。

 

ですので、各合宿免許を行う自動車学校では
交通費の上限があるので注意が必要です。

 

上限の交通費の中で格安な方法を調べておくことも
格安で免許を取得するためには大切なことです。

 

宿泊施設

宿泊施設には

  • 自動車学校が所有する施設
  • ホテルや旅館

などがあります。

 

また、それらのにも相部屋と個室なのかにもより
金額が違ってきます。

 

更に、学校によっては自炊可能なところもあったります。

 

多くのプランの中からご自分に合ったものを
選んで格安な免許取得に挑んでみるのも楽しいものです。

 

合宿免許で楽しく、合理的に、そして
格安で免許取得をできることをお祈りいたします!

格安で安心して運転免許を取得しよう!