運転が上達するには・・

運転が上達しない人の共通点

多くお人が運転免許を取得し
自動車の運転をしています。

 

でも、運転免許を取得するまでには
大変な苦労をしています。

 

「てっちゃん、まさか合流できないの?」
そんなCMが最近はやっています。

 

あのCMはとっても共感できます。
私が運転免許を取ったばかりの頃を思い出します。

 

ですから自動車学校で毎日のように頑張っているけど
運転が上達しない人の気持ちが良くわかります。

 

そんな私が年月を経て自動車学校の教官になり
技能教習を行って感じたことがあります。

 

 

自動車の運転は慣れが第一だという事です。
動かすことが出来るまで反復練習して身体で覚えることが一番です。

 

自動車の運転には知識と技能が必要ですが
技能は身体で覚えることが不可欠です。

 

運転が上達しにくい方たちの共通点は
考えすぎるという事です。

 

こう言うと「考えないと複雑な運転操作は覚えられない」
という声が聞こえてきそうです。

 

確かに自動車の運転操作は基本に忠実に
手順を覚えなくてはなりません。

 

MT車での発信は、エンジン音を聞きながらアクセルを踏み
自動車の動きだしを見ながらクラッチを上げていいく。

 

このようなことを意識しなければなりません。
そうです。ハッキリと意識するのです。

 

今、何が必要かを意識して運転することが必要です。
しかし、考えすぎるといけません。

 

考えすぎるというのは、心配したり期待したり
先の結果を気にすることです。

 

  • エンストしたらどうしよう?
  • 急発進になったらどうしよう?
  • スムーズにいけば嬉しいな!
  • 発進した後はどうするんだったっけ?

 

こんなことを操作中に考えるるとどうでしょうか?
大切なことを意識することが出来ません。

 

教習時間以外の時間でも考えすぎる人は
「このままで運転免許を取得できる野だろうか?」
このようなことを考えてしまいます。

 

 

しかし、必要なのは今自分に不足しているのは
何なのかを知ることです。

 

発進のときエンストするのはアクセルの量が足りないとか
クラッチのつなぎ方で車の動きが見えていない、など不足していることを知ることです。

 

そして、それを教習時間内で繰り返し練習することです。
そうすれば課題は必ず克服できるのです。

 

自動車の運転を早く上達させたいのなら
「今、何が必要か?」を強く意識して考えすぎないことです。

 

運転操作に慣れてきたら、法に従った運転、
安全に対し意識した運転を覚えていきましょう。

 

基本的な運転操作が未熟なのに
法令を順守した運転まで意識が行くはずがないからです。

 

運転は慣れが必要です。まずは自動車を操ることが必要です。
しつこいようですが「今何が必要か」を意識しましょう!

格安で安心して運転免許を取得しよう!