損しない得する自動車免許の取得とは

有限な時間を有効に活用しましょう!

人生において時間は取り戻しようのない
有限で大切なものです。

 

従って、自動車教習所に行き運転免許を
取得する期間は出来る限り短くしたいものです。

 

しかし、実際は自動車教習所で免許取得する
ようになって他の事が手につかないと嘆く人が多いのです。

 

それもそのはずです。自動車教習所ではAT車の教習で
学科教習26時間、技能教習に31時間必要なのです。

 

合計57時間の教習を受講し更に
修了検定、学科試験、卒業検定なども受けるのです。

 

自動車教習所では、費用も然ることながら
時間も損しないように学びたいものです。

 

目標と計画の作成の重要性

時間を効率良く使い目的を達成するためには
目標や計画を立てて実行することが重要です。

 

無計画な行動は成果が出にくい為に
モチベーションが維持できず長続きせず挫折しがちです。

 

目的からくる目標を定めることで日々の成果を
確認することが可能となりやる気が更に向上します。

 

運転免許を取得するという目的を達成する為、
目標を定めましょう。

 

目標には期限を設けることが達成するため重要です。
免許を取得する日時を具体的に決めることが達成する近道となります。

 

そして、その日から逆算して日々の行動を計画書に記載します。
この具体的な行動計画を作成し実行することで目標が達成されます。

 

この方法は資格を取得する場合にも効果的なものです。
免許取得にも応用でき重要な方法なので是比ご活用下さい。

 

自動車教習所に通う場合はこの計画を
個人で作成することが必要です。

 

しかし、合宿免許制度を利用することで
計画は自動車教習所が行ってくれます。

 

プレッシャーはありますが、教習所を卒業する日が、
明確に計画されているのでモチベーションは高く保てるのです。

 

合宿免許での免許取得がスピーディに実現するには
こうした明確な計画の作成が理由の1つなのです。

 

学びは教習中だけではないのです!

教習見学の推奨

私が教官時代には、同じ段階の教習生同士で
お互いの技能教習を見学する事を推奨していました。

 

他の人の教習を見ることで気付くことが多くある事、
他の人から運転を見られる経験が後々役立つためです。

 

とりわけ、同じ段階の人の教習を見ることはとても有効でした。
そして、後部座席で真剣に聞いている人ほど伸びがありました。

 

1時間数千円する教習を無料で見学する
事ができるのでお勧めな学習法です。

 

同じ段階の人を見つけ仲良くなりお互いで見学しあえれば
楽しくしかも効果的に学習ができることでしょう。

 

学びと習熟度を知ることが大切

人間の学習は聴いたり見たりしてインプットされます。
しかし、残念な事にその10%程度しか覚えていないそうです。

 

学科教習で学んだことは、その時は理解できても
あとで思い出そうと思っても難しいのはこの為です。

 

インプットした内容を確実にする為には
アウトプットすることが必要となります。

 

アウトプットとは学んだ事を実際に行動してみるとか
他の人に話をして教えてあげるような事です。

 

例えば駐停車禁止場所を覚えたいとき良く使われる語呂合わせに
トキ坂、コマオ5m、不安定な10mというものがあります。

 

これは、

  • トンネル、軌道敷内、急な坂道の場所では駐停車禁止
  • 交差点、曲がり角、横断歩道の5m以内では駐停車禁止
  • 踏み切り、安全地帯、停留所の10m以内で駐停車禁止

ということを覚えやすくしたものです。

 

この語呂わせで内容を理解し覚えたあと
誰かに教えて見てください。

 

正確に教えることが出来ればきっと
駐停車禁止場所は問題なく覚えられています。

 

大事なのは、インプットしただけで安心ぜず
アウトプットして効果を測定することです。

 

自動車教習所では友達を作って
お互いにアウトプットし合えれば効果的です。

 

検定コースを知ることは重要

自動車学校では殆どの学校が修了検定で3つのコース、
卒業検定では3つ〜4つのコースを持っています。

 

検定コースの順番を覚える必要はありません。
でも、検定コースを知ることは絶対必要です。

 

修了検定では広くないコース内で数々の
課題を観なければなりません。

 

そこで、コース内のここではこういった運転を
しなければならないという決りごとが出来てしまうのです。

 

例えばカーブが終わったあと直ぐに交差点を
右折するような場合があったとします。

 

その場合はカーブが終わった時に
自動車が中央線に寄っておかなければなりません。

 

カーブの手前で中央線に寄ってしまっては危険なので
カーブの中で進路変更を行うのです。

 

カーブの前で合図をあげ曲がりながら
ミラーや目視をして安全確認を行うのです。

 

修了検定や卒業検定では、「ここではこの様にする」
という運転を覚えることが必要なところがあるのです。

 

検定時に走行順路は検定員が予め
教えてくれれます。

 

でも、交差点番号や狭路の場所
走行の仕方は覚えておかなければなりません。

 

検定コースは覚えなくても良いですが、
知っておくことは重要なのです。

 

指導員を選ぶことが出来る自動車教習所の確認

自動車教習所の指導員の資質は同じではありません。
中には残念な指導員もいるものです。

 

残念な指導を行う指導員でなくても
人間同士なのでそりの合わない人もいます。

 

こういったケースでも我慢して教習を受け続けるのは
時間も費用も大きな無駄となってしまいます。

 

指導員のことが嫌いで仕方のない状態では
運転が上達しません。

 

このような万が一の事を予め考慮して
最低限指導員の変更が可能な教習所を選びましょう。

 

できれば、気に入った指導員を選べるシステムの
教習所がお勧めです。

 

貴重な時間とお金を使用して取得する運転免許は
納得できる指導員から教えて貰いたいですね。

格安で安心して運転免許を取得しよう!