合宿免許でヒドイ教官を避けるには?

教官のせいで自動車学校が嫌になってしまった・・・

運転免許を取得しようと、合宿免許に申し込みをしたAさん。
合宿免許を利用することで費用はかなり安くなったものの、大金を出してくれた両親には感謝しかありませんでした。

 

「少しでも早く免許を取って両親を安心させたい」そう思っていたAさんは、やる気満々で教習に臨みました。
そんなAさんのやる気は教習一日目で「ある教官」によって無残にも打ち砕かれてしまったのです。

 

Aさんの家は都会なので車は殆ど必要がないため車の運転に関しては興味がなく知識もありません。
自動車のことも殆どわからず、ブレーキペダルとアクセルペダルの区別がなんとか分かる程度でした。

 

それでも、教則を見たりシュミレーションで勉強して教習に臨みました。
ですが、実際に教習車を運転すると緊張もあり上手くいきません。

 

自動車を初めて運転するので上手くいかないのは当たり前のことですが、指導にあたった教官は
運転が上手くいかないと舌打ちしたり怒鳴ったりするばかりでした。

 

教習の終わりには「君に運転は難しのでは?かなりの補修は覚悟しといてね。」と冷たい言葉。
不安で仕方ないAさんは当初のやる気をなくし絶望的になってしまいました。

 

実は、自動車学校に入って教官の言動の悪さが原因でAさんのように落ち込んでしまう方は多いものなのです。

 

不安な教習生の気持と教官のあるべき姿

運転免許を持っていない方が免許を取得するには長い時間と費用が必要です。
それほど日本で自動車の運転を行う事は難しいことです。

 

近年はいろんな事故が増加し悲惨な交通事故もあるので運転免許の取得が難しいのは当然です。

 

運転免許を取得するのは長い時間とお金、エネルギーを要する大変なことなのです。

 

だからこそ、自動車学校の教官は「親切丁寧に情熱をもって」教習生に接しなければなりません。

 

しかし、悲しく腹立たし事にヒドイ教官がいるのが現実なのです。

 

自動車学校と教官の質

「こんなヒドイ教官がいる自動車学校は選ばないことです。」と言いのは簡単です。
しかし、実際はどうなんでしょうか?

 

自動車学校はの教官は教習に必要なちしきや指導法などを学び公安委員会の厳格な審査を受け合格しなければなれません。ですから、理論上は質の良い教官ばかりのはずです。

 

しかし、実際は程度の差があるのですが質の悪い教官はどの自動車学校にもいるものです。

 

「そんなことはない!うちの自動車学校は苦情が1件もない」という自動車学校はないでしょう。

 

勿論、教官の接遇に対し管理者や経営者が厳しく教育している学校も多くあります。しかし、そんな教育をするという事は実際には問題が発生しているからなのです。(教育をしている学校はもちろん質の良い教官が多い可能性が高いです。)

 

自分にあった教官

自動車学校の管理者や経営者が教官に対し一生懸命教育をしても苦情が出るのには教官の質だけでは片づけられないものもあります。

 

教官も教習性も人間だから相性がどうしても合わないという事もあるものです。

 

教習を受ける方も「悪いところは厳しく教えて欲しい」という考えもあったり「教習時間が少しぐらい長くても優しく教えてもらいたい」というような方もいます。

 

このようなことは今の時代ですから当然自動車学校側も認識していますが、これから自動車学校を利用しようと思っているあなたも知っておくと良いことです。

 

自動車学校に入学して教習を受けてから「こんなはずではなかった」「こんな教官はイヤ」という前にどの様な教官が良い、どのような教官は絶対にイヤ、という事を事前に伝えておくことです。

 

自動車学校でヒドイ教官にあたらない裏ワザ

そこで、ヒドイ教官にあたらないために、入学前に評判の良い教官をお願いします。」「優しい指導員をおねがいします。」など好みの教官をお願いしておきます。

 

しかし、「自動車学校に入学する前の申し込み時点で伝えたから大丈夫」だとは思わないほうがよいでしょう。
事務員さんに伝えておいてもそのことが上手く伝わっていなかったりする事もあるからです。

 

合宿免許先を決めるときは合宿免許紹介サイトから申し込みをして、その紹介サイトからも入校する自動車学校に教官のリクエストをお願いし、更に自らも自動車学校にお願いするという二重のお願いをしておくと良いでしょう。

 

それくらい指導員の質は大事ですのですので是非お願いしておいてくださいね。

格安で安心して運転免許を取得しよう!