自動車学校の教官が舌打ちする本当の理由を知ら相ですか?

自動車学校の教官が教習中舌打ちするなんて論外!

先ず最初に行っておかなければならないことは、「最初に自動車学校の教官が教習中に舌打ちすることは、何があっても許されるべき事ではない!」という事です。

 

自動車学校の教官は教習生の方に「安全で良識ある運転」について伝えることが必要です。例えば、横断歩道を渡ろうとしている人がいるときは運転している自動車を停止させて歩行者を優先させることを指導しなくてはいけません。

 

実際の道路交通を見ればわかると思いますが、横断歩道を渡ろうとしてる子供さんがいても停止する運転者がどれほどいるでしょうか?

 

道路交通法では横断歩道を渡っている若しくは渡ろうとしている歩行者がいる場合は、横断歩道の直前で停止して歩行者の歩行を妨害してはいけないという事が明確にされています。

 

にもかかわらず、現実はどうでしょうか?

 

自動車学校の教官はこのような多くの運転者が面倒で嫌がるようなことを初心者の段階できっちりと習慣づける教育をしなければならない存在なのです。

 

そんな自動車学校の教官が教習中に舌打ちするとどうなるでしょうか?

 

舌打ちした教官の信用はゼロになってしまうでしょう。

 

だから、自動車学校の教官が教習中舌打ちするなんて論外!なのです。

 

だけど現実は・・・・。

でも、現実は多くの教習生の方が今この時代に悩んでいる事が口コミで伝わっています。

 

「発進が上手くできない」「カーブが上手く曲がれない」「S字カーブやクランクなどの狭路通過が上手くできない」「縦列駐車に失敗する」という理由で舌打されているのです。

 

発進が上手くできないから自動車学校が存在します。自動車学校があるから教官として収入を得ることが出来ます、発信をはじめすべての運転が安全に簡単に出来るならば教官なんていらないのです。

 

発進が上手くできないから、カーブが上手く曲がれないから・・・。教官が必要なのです。

 

教官が舌打ちするのは、教習生の方の運転が自分の思うとおりに出来ないときに多いものです。

 

ですが、それは教官の教え方が下手糞なだけです。

 

教え方が下手糞な教官は自分の周囲の結果をすべて他人や環境のせいにします。

 

でも、自分の周囲で起こる現象はすべて自分の言動によるものなのです。

 

そんな当たり前のことに気づいていない教官は自動車の運転について研究もせず、人の深層心理に興味すら持とうとしなのです。

 

だから、教習が下手糞なのです。

 

残念なことですが、多かれ少なかれ国内の自動車学校にはこのような教官が存在するのです。

 

舌打する教官から免れるには

どんなに評判が良い自動車学校でもすべての教官が舌打ちしないとは限りません。舌打はしないまでも教習生の感情を逆なでしたり教官自身の感情をコントロールできない者も存在します。

 

一般的に良い教官と言われていてもあなたには合わない教官がいるかもしれません。

 

このようなときに一番やってはいけないことが「黙って我慢する」という事です。

 

自分に教官が合わないときは遠慮なく自動車学校にお願いして教官を変えてもらう事が重要です。

 

但し、運転を習鵜立場なので最低限の礼儀は守りましょう。そして、安全で良識ある運転についての技能や知識について最低限習得できないと免許は取得できないということを認識しておいてくださいね。

 

そうすれば、きっと運転免許は無事取得でき増すよ。

格安で安心して運転免許を取得しよう!