格安免許取得するなら合宿免許を活用しましょう

自動車教習所に通うと費用が高くなる

自動車教習所に通って自動車免許を取得している
人たちにはショッキングな事実があります。

 

同じ時期に同じ自動車教習所に行っても
合宿免許は一般の方法で行くより格安なのです。

 

ある合宿免許を実施している自動車教習所
に問い合わせたところ意外な事実がわかりました。

 

ある時期の合宿免許での教習費用は
20万円でした。

 

ところが同じ時期にこの教習所に通った場合の
教習費用は23万円必要なのです。

 

この事実は私が直接確かめた事なので間違いはありません。
勿論、合宿免許の費用は宿泊代や食事代込です。

 

自動車教習所に通うと教習費用が高くなるのです。
そこで、賢い人は教習所に通わないで合宿免許で入校しようとします。

 

でも、合宿免許の多くは教習所と同じ県内に
居住する人は入校できないシステムになっているのです。

 

教習所と同じ県内に住んでいる人は
あくまでも一般の通学での教習費用となるのです。

 

合宿免許費用が格安になるカラクリとは

「宿泊費や食費をサービスしていて合宿免許は利益があるの?」
と疑問に感じるかもしれません。

 

そんな心配をよそに合宿免許を行う教習所は増加傾向にあります。
合宿免許を行う教習所が多くなっているのには理由があります。

 

超格安で免許取得ができるのには
教習費用を安く抑えることが出来るカラクリがあるのです。

 

合宿免許と一般の通学による免許取得の
大きな違いは、計画性にあります。

 

一般の教習で教習時間の予約は
次回の分だけで精一杯です。

 

しかし、合宿免許の場合は入校〜卒業まで
すべての時間の計画ができ予約できるのです。

 

勿論、検定の合否で修正はありますが
殆どの場合計画通りに教習は進むのです。

 

そうなると、指導員の空き時間が激減し
効率の良い計画が出来ることになります。

 

スピーディーな免許取得を特徴としてますので
教習生もそのつもりで頑張ります。

 

表現が悪くて申し訳ありませんが、
回転が速いので、売上も加速するのです。

 

これが、教習費用を安く出来る
格安な合宿免許のカラクリです。

 

合宿免許を利用するには

合宿免許には連続した休日が必要

格安で免許取得が可能な合宿免許にはデメリットがあります。
それは、最低でも2週間〜3週間の休日が必要だということです。

 

指定自動車教習所では、一日に受講出来る
技能教習時間に制限が設けられています。

 

第1段階の技能教習は一日2時限まで、
第2段階は3時限までという規定があるのです。

 

免許取得に必要な教習時間は、学科教習で26時限
技能教習はAT車で31時限、MT車で34時限です。

 

従って、最低でもAT車で14日、
MT車で16日は教習期間として必要となるのです。

 

このデメリットは長期休みが年間に数回ある
学生さんには比較的簡単に克服できます。

 

むしろ、大学や高校に行っている間が
合宿免許を利用して格安で免許取得を行う大チャンスなのです。

 

合宿先の検討と決定の重要性

合宿免許先の自動車学校は基本的には県外だと認識しましょう。
ほとんどの自動車学校が県外在住を条件としているからです。

 

合宿先の自動車教習所を選ぶには

  • 免許取得までの期間
  • 教習費用
  • 宿泊先
  • 食事
  • 観光場所

等について検討しますが、こだわりは
各々で違いがあります。

 

申し込みを行う前に合宿免許を紹介する
運転免許センターに疑問点や要望を相談しましょう。

 

あとで、後悔することがないように
合宿先を決定する前に充分な検討が必要です。

 

合宿免許を選ぶポイント

合宿免許を利用した場合はポイントを抑え
損しない合宿先を選ぶことが大切なことです。

 

料金システムのチェック

合宿免許を選ぶ際に気をつけたいのが、支払う費用に

  • 交通費
  • 宿泊料
  • 食事代
  • 往復交通費
  • 国内旅行損害保険

が含まれているかチェックしましょう。
特に、交通費には上限が有るので注意しましょう。

 

短期間に免許取得が出来るかチェック

教習所によっては教習生を詰め込みすぎて
技能教習を充分に受ける事が出来ないところがあります。

 

合宿免許でそのようなことをすれば、
評判が悪くなるので希だとは思いますが、念のため確認しておきましょう。

 

クレジットが可能な学校選び

支払いはクレジットでも可能なところを選びましょう。
現金で支払う人でもクレジットが可能なところが安心です。

 

というのは、クレジット会社は事前に審査を行い信用できる
企業でない限りクレジット契約を提携しないのです。

 

運転免許クレジットが可能な企業はそれだけ
社会的な信用も高いということになるのです。

 

国内旅行損害保険付きを選びましょう

県外へ移動して免許を取得するため、万が一の事も想定しましょう。
合宿プランに保険がついているサービスを選ぶことが安心へとつながります。

 

例えば、移動中に転倒して怪我をしたり
宿泊先で怪我をした場合には入院保険金や通院保険金が支払われるのです。

 

多くの合宿免許が国内旅行損害保険に
加入するようなシステムになっていますが、念の為に確認しておきましょう。

 

格安で安心して運転免許を取得しよう!